<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 18日
染料インクジェットプリントの色が落ち着く時間
依頼を受けて、EPSON PM-G820(染料プリンタ)のプロファイルを作成しました。

昨日ターゲットのプリントを受け取り、プロファイルを作成したのですが、ガマットが、シャドウ域でいびつな形をしていました。
そこで、1日おいて、今日また作り直してみました。

白が昨日、最初に作ったもの。
赤は、その20分後に作ったもの。
緑は、今日作ったものです。
f0075955_1239446.jpg
D=50では、大きな違いはありません。
ほぼ同じと言えると思います。
これより明度の高い方でも、同様に差はありません。
f0075955_12405723.jpg
ですが、明度を下げていくと、差が出てくる部分があることが分かります。
f0075955_1241106.jpg
f0075955_12412585.jpg
f0075955_12413528.jpg
f0075955_12414642.jpg
おおむね、今日作ったプロファイルの方が、形も整い広くなっています。

これは推測ですが、染料プリンタの場合、インクが乾くのに時間がかかるので、そのために昨日測色したのと、今日測色したのでは、ガマットの形が変化したのではないだろうかと思います。
ガマットの大きさを見ても、今日作成したもののほうが全体的に大きいですし、平均dE値も、確か昨日は1.3だったのが、今日は1.2になっていました。
今日の方が、精度が高いことになります。

私は、今は染料プリンタを使っていないので、最近では気になりませんが、染料機をお使いの方は、色が落ち着くまで、乾燥には1日程度は見たほうが良さそうです。
その際も、すぐに重ねたりせず、銀塩プリントを自家処理した時のように、広げてしばらく自然乾燥するのが良いでしょう。

今回送ってきた方も、相紙を挟むなどしてありましたが、正確に計測するには、1日以上置いてから送って頂いた方が良さそうです。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-08-18 12:50 | カラーマネジメント
2006年 08月 18日
色はデバイスによって表現されている
ちょっと、大上段に振りかぶったタイトルですが、モニタによる色の見え方の違いを考察してみたいと思います。


これは、昨日写真帳にアップした画像ですが、PowerBookのSafariで見たら、雲のハイライト部分が、だいぶ飽和して見えることに気がつきました。
f0075955_004627.jpg

そこで、Monaco GamutWorksを立ち上げ、PowerBookのモニタプロファイルと、画像データを表示させてみました。
f0075955_051847.jpg
赤線がPowerBookのモニタプロファイルで、白点がデータのハイライト部分です。
L=83が、データ上のハイライトの上限でした。
しかし、この図を見ると、データはモニタプロファイル域内にあり、飽和していないように思えます。

そこで、勘違いをしていることに気がつきました。
いま表示している白点は、sRGB上のデータの位置を示しているものです。
それに対して、実際私が見ているのは、sRGB上のデータ値ではなく、モニタプロファイルの色域に変換されたものを見ているのではないだろうかと思いました。

そこで、Photoshopで、データのプロファイルを、sRGBからモニタプロファイルに変換(マッチング方法は、相対的)してみました。
ピンクの点が、モニタプロファイルに変換したデータです。
f0075955_0241736.jpg
データが、モニタの色域のはじっこにへばりついているのが分かります。

これよりももっとL値が低い部分でも飽和しており、飽和が始まるのは、L=70前後からのようです。
f0075955_0264750.jpg
なので、PowerBookでは、ハイライト側が飽和して見えたわけですね。

一方、PowerMacに接続している、ナナオのL997では、色域がsRGBに近似していることもあって、変換しても、あまり色の動きはありません。
青線が、L997のプロファイル、緑点が、L997のプロファイルに変換した値です。
f0075955_0381549.jpg

L=80あたりでは、やはり飽和が見られるようになりますが、それ以前では飽和していないので、PowerBookに比較すると、ハイライト側の微妙なグラデーションが見て取れます。


以前も書きましたが、モニタの色域が、データの色域と近似していれば問題は少ないですが、かなり異なっている場合は、その色域にデータが大幅に変換されて表示されていることになります。
モニタでの見え方がおかしいからといって、データそのものの色域が変わってしまったわけではないですが、モニタを頼りに補正作業をする場合は、注意が必要です。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-08-18 00:52 | カラーマネジメント
2006年 08月 16日
Dr.Brown's 1-2-3 JPEG !
1-2-3 JPEGは、これもRussell Brownさんが作ったスクリプトです。
一度の作業で、3種類のJPEGを作ることが出来、非常に便利です。

私は、RAWからJPEGに変換して納品しています。
その際は、サイズはオリジナルサイズ、画質は12を選んでいます。

そしてそれから、そのJPEG画像を使い、Photoshopの「コンタクトシートII」でコンタクトを作り始めるのですが、元画像がオリジナルサイズのままなので、コンタクトシート作成には、結構時間がかかります。

そこで、納品用のオリジナルサイズと、コンタクトシート用に縮小したJPEGを、同時に生成しておけば、処理時間が短縮されるだろうと思いました。


さて、1-2-3 JPEGは、Dr. Brown's Services 1.4という、スクリプトセットの中に入っています。
ダウンロードは、昨日書いたRussell Brown tips & techniquesからできます。

Mac用とWindows用のEasy Installerがありますので、それをダウンロードします。

今回紹介するのは、PhotoshopCS2用ですが、サイトの下の方には、CS用の1-2-3 JPEGも用意されています。
CSお使いの方は、そちらをご利用下さい。
ただし、CS2用と、ダイアログが同じかどうかは、試していないので分かりません。

スクリプトセットの中には、他のスクリプトも入っていますが、詳細はサイトを見て下さい。

また、それぞれのスクリプトの使い方も、チュートリアル・ムービーが用意されていますので、大変分かりやすいです。
QuickTime Tutorials と書かれた下に並んでいるのが、チュートリアル・ムービーです。
1-2-3 JPEGのチュートリアルもあるので、私が解説するまでもなく、そちらを見て頂ければ分かると思います。


ですが、簡単に説明します。

f0075955_1333753.jpg

Dr. Brown's Services 1.4をインストールすると、Bridgeのツールメニューに追加されるので、ツールメニュー>Dr. Brown's Services 1.4>Dr. Brown's 1-2-3 JPEGで、ダイアログを開くことが出来ます。

f0075955_19571752.jpg

このダイアログは、すでに設定済みの状態です。
一番始めに開いた時は、何も設定がされていません。

ご覧になって分かると思うのですが、イメージプロセッサとほとんど同じです。
イメージプロセッサでは、JPEG,PSD,TIFF に展開していたのが、JPEG3種類に展開に変わったと思えばいいでしょう。

1. Select the images to process
f0075955_23231892.jpg
「処理する画像を選択」です。
この作例では、Bridge上の102枚の画像を選択していること意味しています。

2. Select iocation to save processed images
f0075955_23241767.jpg
「処理後の画像を保存する場所を選択」ですね。

イメージプロセッサの場合は、指定したフォルダの中に、JPEG,PSD,TIFFのサブフォルダが自動生成されましたが、1-2-3 JPEG の場合は、サブフォルダを作るか否かの選択と、それぞれのサブフォルダに名前を付けることが出来ます。
初期状態では、1.Small,2.Medium,3.Large というフォルダ名がプリセットされていますが、変更可能です。
f0075955_23394466.jpg
私は、1.Original(オリジナルサイズ)、2.Contact(コンタクトシート用)、3.Web(web用)という風に分けてみました。

フォルダ名は、日本語で付けても大丈夫だと思います。

通常の私の仕事では、1.と2.だけあれば良いのですが、今回は説明用に3.まで設定しています。

3. JPEG File Types
「JPEGファイル形式」です。

ここで、3種類のJPEGの設定ができます。
設定は、使う人の勝手で良いわけですが、私は作例として、次のようにしてみました。

Save as JPEG1(JPEG1として保存)
f0075955_2325875.jpg
ここではリサイズせず、画質も最高画質の12に設定しました。
カラースペースや解像度は、Camera Rawの設定が適用されます。

Save as JPEG2(JPEG2として保存)
f0075955_23255034.jpg
ここでは、あとでコンタクトシートを作るための縮小画像を設定しています。
画質を8、Resize to Fit にチェックを入れ、コンタクトシート上でプリントされる大きさと解像度を設定しています。

f0075955_23271787.jpgリサイズする際の単位は、pixels以外にも、cmやmmでも設定できます。
コンタクトシートを作る際には、再サンプリングされるので、あまりシビアに大きさを決めておく必要はないとは思いますが、コンタクトシートに印刷される大きさがきちんと決まっているなら、それに合わせた大きさにしておいたほうが、より高速に処理されるのではないかと思います。

Save as JPEG3(JPEG3として保存)
f0075955_23353242.jpg
ここでは、webに載せることを想定して、カラースペースをsRGBに変換し、ファイルサイズを小さくする設定をしています。

4.Peferences
f0075955_23361113.jpg
「環境設定」です。

イメージプロセッサと違うのは、アクションの設定項目がグレーアウトしていません。
アクションを施す場合は、上の設定で、各JPEGの設定欄に Run Action というチェックボックスがあるので、そこにチェックを入れます。

アクションの種類は、1つしか設定できないので、それぞれのJPEGに違うアクションを行うということは出来ないようです。

あとは、著作権情報と、プロファイルの埋め込みの設定です。

これでRun(実行)ボタンを押すと、処理が始まります。


さすがに3種類の画像を作るので、通常の処理より時間がかかるようです。
もし、単純に時間が3倍かかるようだと、同時処理してる意味があまりないですけどね。(笑
正確な時間計測はしていません。
ま、実行ボタンを押したら、ちょっと休憩、というところでしょうか。


さて、当初の目的、コンタクトシートの作成時間の短縮は、果たされたでしょうか。

まず、オリジナルサイズ(約760万画素。トリミングしてあるので、小さくなってます。)の画像、102枚から、A4用紙に横3枚X縦5枚のコンタクトシートを作ってみました。
枚数は7枚、作成時間は、9分47秒かかりました。

次に、コンタクト用に縮小(約64万画素)した画像から、同じ条件で作成。
作成時間は、7分59秒でした。

むむむむ・・・・・・
た、大して短縮されてませんね・・・・(-.-;)
コンタクト程度に、360dpiは高解像度すぎるかも知れませんが、私は、コンタクトだからこそ、高解像度にしておいたほうが良いのでは?と思っています。

ですが、現実には、インクジェットの300dpiと360dpiに違いがある!と叫ぶのは、私のような変態だけでして、実用上は300dpiで十分だと思います。
そうすれば、もう若干、時間が短縮されるかも・・・・(^_^;)

でも、その差が現れるのも、コンタクトシートの枚数が多い時でして、枚数の少ない時は、オリジナルサイズから作成しても、大して違いが出ないことになります。
今回は、1分48秒短縮されましたが、1-2-3JPEGで、サイズ違いのJPEGを作成することによる処理時間の延長を考えると、ほとんど相殺されてしまいそうです。

また次回テストしてみようと思いますが、コンタクトシート作成時間短縮のための、サイズ違いのJPEG作成、という目論見は、少しはずれてしまいました。
しかしながら、オリジナルサイズのPSDやTIFFからコンタクトシートを作るよりかは、時間の短縮になっていると思います。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-08-16 13:47 | Photoshop
2006年 08月 15日
PhotoshopCS2のイメージプロセッサ
PhotoshopはCS2になって、Raw現像のさまざまな自動処理機能が搭載されました。

その中のひとつ、イメージプロセッサについて解説します。

これは、CSの時に、Russell Brown氏が作られたスクリプト(Dr.Brown's Image Processor)です。
CSの時は、Brown氏のサイトからダウンロードしてインストールする必要がありました。
(Russell Brown's Power Hour という、無料CDを持ってる方は、その中にも入っています。)
今でも供給されていますので、Russell Brown Tips & Techniquesからダウンロード可能です。

そのDr.Brown's Image Processorが、CS2では、ファイルメニュー>スクリプト>イメージプロセッサとして組み込まれました。
もちろん、日本語化されています。
イメージプロセッサは、Photoshopのメニューからだけでなく、Bridgeのツールメニュー>Photoshop>イメージプロセッサ…からも実行することが出来ます。
私はむしろ、Bridgeと連携させて、こちらから使う方が使いやすいと思います。

イメージプロセッサは、一度の実行で、RawからJPEG,PSD,TIFFの各ファイル形式に展開できるものです。
しかも、それぞれのファイル形式で、ファイルサイズを変えて展開することが出来ます。
例えば、TIFFやPSDでは、オリジナルサイズのままで、JPEGではもっと小さいサイズにしておく、ということが出来ます。
また、すべてのファイルに実行するアクションがあれば、それを指定して組み込むことも出来ます。

では、手順を見ていきます。

まず、各Rawファイルについては、事前にCamera Rawで、色調補正やトリミングなどが終わっているものとします。
f0075955_11272786.jpg

その後、Bridgeのツールメニューから、Photoshop>イメージプロセッサ…をクリックします。
f0075955_1124540.jpg

そうすると、このダイアログが開きます。
f0075955_1145750.jpg

各項目を説明します。

まず、1.処理する画像を選択ですが、今はBridgeのメニューから実行したので、Bridgeで表示されているファイルが選択されている形になっています。
f0075955_1355060.jpg
Bridge上で、特に選択していない場合は、その表示しているファイルすべてが処理されます。
また、ファイルを選択してあれば、そのファイルだけが処理されます。
今ここでは、「2004-04-14春の庭」というフォルダの中から、星1つついているものを表示しているので、それらについて処理が行われます。

「設定を適用する前に画像を開く」にチェックを入れると、実行ボタンを押した後に、開く画像を指定するダイアログが開きます。
そこで処理を始める前に、もう一度だけ、パラメータの変更が出来、その変更がすべての画像に適用されます。
しかし、通常は、イメージプロセッサを実行する前に色調補正は終わっていると思うので、通常は、ここにチェックを入れる必要はないと思います。

次に、2.処理後の画像を保存する場所を選択します。
f0075955_137267.jpg
同じフォルダ内で良ければ、「同じ場所に保存」を、保存先を変えたければ、「フォルダを選択…」します。
今ここでは、デスクトップに、「現像済み」というフォルダを作ってあります。
f0075955_11544284.jpg


そして、変換して保存する3.ファイル形式を選びます。
同時に、JPEG、PSD、TIFFに展開できますが、そのうち1つだけでも2つだけでも構いません。
ただ、1種類のファイル形式で、しかもリサイズもしない場合は、Camera Rawの保存ダイアログを使うのと変わらないことになります。
Camera Rawからは、DNGに変換することも出来ますが、イメージプロセッサのメニューには、DNGはありません。

なお、イメージプロセッサは、Rawからの展開だけでなく、JPEG,PSD,TIFFから、ほかのファイル形式への変換にも使えます。

f0075955_1374644.jpg
JPEGとして保存する場合は、画質を選びます。
これは、PhotoshopのJPEGオプションで選ぶのと同じ数値が適用されますので、0〜12の範囲で、任意の数値を入れます。
リサイズしたい場合は、「サイズ変更して合わせる」にチェックを入れます。
今ここでは、長辺600ピクセルになるように、指定してあります。
幅も高さも600ピクセルにしてあるのは、横位置、縦位置が混じっていても、どちらでも長辺600ピクセルにしたいためです。
また、PSDとTIFFは、Camera Rawで設定したAdobeRGBで保存するが、JPEGはweb用なのでsRGBにしたいという時は、「プロファイルをsRGBに変更」にチェックを入れておきます。
Camera RawでsRGBを選んでいる場合は、チェックの必要はありません。

もし、コンタクトシートをPhotoshopの「コンタクトシートII」で作成するなら、この時にコンタクトシート用の小さいJPEGを作っておくと、あとで作成時間が短くて済みます。

f0075955_1383785.jpg
PSDは「互換性を優先」するか否か、TIFFでは「LZW圧縮」するか否か、が選べます。

4.環境設定では、同時に実行したいアクションがあれば、ここで指定します。
f0075955_139194.jpg
また、「著作権情報」欄にテキストを入力しておくと、それが展開したファイルのメタデータに追加されます。
「ICCプロファイルを含める」は、デフォルトでチェックが入っていますので、そのまま実行した方が良いと思います。


ダイアログの設定が済んだら、実行ボタンを押します。
そうすると、バッチ処理が始まります。
このバッチ処理は、Photoshop上で行われます。
従って、Bridgeに切り替えると、Bridgeではまたほかの作業も出来ます。
もし必要ならば、Bridge上でCamera Rawを立ち上げて、現像保存の作業を行うことも出来ます!

お分かりでしょうか?
イメージプロセッサで現像処理しながら、Camera Rawでも並行して同時に現像処理が行えるのです!
ただし、マシンパワーを要求する作業なので、処理時間は長くなるし、ほかのアプリケーションの動きも悪くなります。
でも、現像処理を2カ所で同時に行えるなんて、すごいと思いませんか!
もしかしたら、処理時間が倍になって、結局1カ所で作業するのと合計時間は変わらないかも知れませんが(笑。検証してません)。

でも、同時に2つのアプリケーションで画像を処理していけるということは、Photoshopで現像しながら、Bridgeではほかのセレクトや、Raw調整したり、Photoshopでコンタクトシート作成やバッチ処理を実行させながら、BridgeでRaw現像ということも出来るので、うまく作業を小分けにして進行させれば、能率が上がるのではないかと思います。


処理が終わったら、デスクトップに作った「現像済み」フォルダの中を見ると、自動的にJPEG,PSD,TIFFというフォルダが作られているのが分かります。
f0075955_15474659.jpg

JPEGのフォルダの中を見てみると、確かにリサイズされていることが分かります。
f0075955_1551479.jpg

同様にPSD,TIFFのフォルダを見てみると、こちらはオリジナルサイズ(Camera Rawで設定したサイズ)で現像されているのが分かります。
f0075955_1556191.jpg
f0075955_15563562.jpg
ちなみに、PSDとTIFFは、16bitで展開したので、やけに重いファイルになってます。(^_^;)

イメージプロセッサの説明は以上です。

さて、イメージプロセッサで変換したファイルを1枚開いてみました。
f0075955_1625196.jpg

この画像のファイル名の先頭に、(C)と書かれているのが分かりますか?
これは現像の際に、著作権情報をメタデータに書き込んだので、Photoshopでファイルを開くと、著作権が設定してあるファイルであることが分かるようになっています。
これは、実際のファイル名の頭には付きません。
画像を開いた時に表示されます。

ただ、私はまだ、このあたりの著作権管理をどのようにしたら良いか、よく分かっていません。
ⒸHideaki HIRAOと入れてみましたが、このような記載方法が適切なのか、あるいはもっと他のことを書いておくべきなのかが、分かりません。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-08-15 16:12 | Photoshop
2006年 08月 13日
色調の追い込みとパノラマ合成
写真展で発表した作品の解説です。
f0075955_1151668.jpg

8月12日に写真帳にアップしたのと同じ画像です。
(実画像は、横1200ピクセルなので、表示が遅いかも知れません。)

これは、キヤノンのTS-E24mmというシフトレンズを使い、左右11mmシフトした画像と、シフトしていない画像を重ねて合成して作ってあります。
撮影は、EOS5Dを使い、RAWで撮っています。

下は、シフトしていない中央の画像です。
f0075955_12152291.jpg

ご覧頂いてお分かりかと思いますが、DPPで現像する際に、大幅な色調補正を行い、夕焼けのイメージを作っています。

何もいじらないと、下のような状態です。
JPEGで記録していれば、このように仕上がります。
f0075955_12155845.jpg

これでも、いちおう、夕景狙いだったんですけどね。(^_^;)
お疑いの方は、Exif見て下さい。
ホワイトバランスは、太陽光でした。

現像パラメータの比較です。
f0075955_12185444.jpg
f0075955_12191293.jpg

ホワイトバランスを「くもり」にして、全体に赤みを加え、ピクチャースタイルの「風景」でコントラストを強くし、色の濃さを「4」にして、全体の色調を強調しています。
また、自動トーンカーブ調整も使っています。
これを使うと、中間調が持ち上がることが多いので、そのため明るさ調整を-1.33行いました。
RGB画像調整でも、色の濃さを上げていますね。


ま、とんでもない「にせ夕焼け」だったということで・・・・(笑
でも、荒涼とした感じのイメージは伝わったかな?と思います。


では、パノラマ作成の手順を解説します。
f0075955_12532356.jpg
f0075955_1254106.jpg
f0075955_12542958.jpg

素材は、この3枚です。

シフトレンズを使用しているため、カメラをパンニングしてパノラマ撮影した時に比べ、画像のゆがみはほとんどありません。
そのため、Photomerge(Photoshopのプラグイン)やPhotoStitch(Canon)などのパノラマ合成ソフトで自動合成しても、ほとんどつなぎ目の分からない合成が出来ます。

でも、今回私は、1枚ずつレイヤーで重ねていきました。
その理由は、ファイルを16bitのまま扱いたかった(Photomergeは合成時に8bitに変換されてしまいます)のと、空のつなぎはぼかしを掛けないとうまくいかないためです。

まず、左にシフトした画像を開き、右側のカンバスを広げておきます。
f0075955_1371274.jpg

次に、右にシフトした画像を重ねます。
f0075955_1314263.jpg

その上に、真ん中の画像を重ねます。
f0075955_13201011.jpg

重ねる作業は、上になるレイヤーの不透明度を下げ、大まかにドラッグした後、拡大して、カーソルキーを使って1ピクセルずつ移動させて合わせます。

元画像は、横にシフトしてるだけなので、天地のズレはないだろうと思ったのですが、実は、左右で数ピクセルの天地のズレがあったりします。
左の画像が少し上にあがり、右の画像が、少し下がっています。
レンズは水平位置でクリックで止まるようになっているのですが、びみょ〜に水平が出てないということですね。
マウント側の問題かも知れません。
(作例は、完成したレイヤー画像から作り直してるので、ズレによる余白がありませんが、実際には合成後、余白をトリミングしています。)

f0075955_13374131.jpgご覧のように、このままではまだつなぎ目がはっきり分かるので、真ん中の画像にレイヤーマスクを加え、ブラシの不透明度を調整して塗りつぶしています。

真ん中の画像だけを表示させるとこんな感じです。
f0075955_13533973.jpg

何で、真ん中の空もマスクされてるんだろ・・・・???(^_^;)
これ、手違いですね。
今気がつきました。
どうりでなんだか、空がムラっぽくなってると思った。(笑

で、これらを合成すると、冒頭の画像になります。


さて、今回は、キヤノンギャラリーで「EOS Digital Works 2006」というタイトルの写真展だったため、現像にはDPPを使って、それ以外はなるべくいじらないようにしようと思いました。
普段なら、Photoshopを使って、ローカルエリアをマスクしながら調整しますが、今回はほとんどやっていません。

ですが、TSーE24mmのシフト幅を最大に使っているため、左右のビネッティングがかなり目立ちました。
レンズ性能をそのまま見せるということで放置しても良かったのですが、キヤノンさんのイメージを悪くしてもいけないので、ビネットで暗くなってる部分は修正しました。
冒頭の画像と、作成過程の画像を比較して頂けると、分かると思います。
実際には、画像の角が、これくらい暗くなります。


それと、倍率色収差によると思われる、エッジのフリンジもひどかったので修正しました。
もとは、こんな感じです。
f0075955_14175629.jpg

それを、Photoshopのフィルタメニューから「ノイズを低減」を使い、カラーノイズを低減の割合を高めて(確か100%だったような・・・?)実行しました。
f0075955_14232177.jpg

そうすると、かなりエッジの赤い線は押さえられたのですが、全体的な色調も、赤みが減ってしまったので、色相彩度で赤の彩度を上げました。
でも、なんだかちょっと、諧調にメリハリがなくなってしまいましたね。
やはり、もう少し細かく、ローカルエリアの調整をすべきところです。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-08-13 14:10 | デジタル・フォト