<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 25日
PM-4000PXのプリンタプロファイル

私は、PulseColorEliteを使った、プリンタプロファイルの作成依頼を受け付けています。

今、ネット上のある場所に、測色用カラーターゲットのデータを置いてあるのですが、希望者にはそのデータをダウンロードしてもらい、チャートをプリントして送ってもらえば、それを測色してプロファイルを作成、メールに添付して返信する、ということをしています。

プロファイル作成には、729のパッチを測色する必要がありますが、手際よくやれば5分もかかりません。
ただ、依頼は今のところ、私となんらかのお付き合いのある方に限らせて頂いています。


ですが、カラーマネジメントに興味があり、カスタムプロファイルを試してみたい、PulseColorEliteの精度はどれくらいのものか、などお考えの方は、ご連絡頂ければ、ターゲットの置き場所をお教えします。
ただし、Photoshop6以降をお使いで、プリント時にPhotoshopでカラーマネジメントして出力する方法をご存じの方に限らせていただきます。
Photoshopでカラマネしてプリントする方法は、プリンタメーカーのサイトなどを探すと出ていますので、ご存じない方は、検索してみて下さい。
エプソンをお使いの方は、ここを参考にして下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そのようなことで、昨日も知り合いのカメラマンの方から、プロファイル作成の依頼を受けました。

その方がお使いなのは、エプソンのPM-4000PXで、実は今年になって、3回目の依頼です。
今まで、1月26日、4月4日に作成しています。
前回作成し直した時も、どうもプリントの色がモニタと合わなくなってきたというお話だったのですが、今回もまた、色が合わなくなってきたので作り直して欲しいとの依頼でした。

そこで、今日作成したものを含め、今までのプロファイルのガマットを比較してみました。

ガマットは、白が1月26日作成、黄色が4月4日作成、緑が6月25日作成です。
L値(明度)は、上からL=50, L=40, L=30, L=20, L=15になっています。
数字が小さい方が、明度が低い方の色域を表しています。

f0075955_2121346.jpg

L=50以上の明るい色域では、ガマットの違いは大きくなかったので、割愛しました。
違いが現れるのは、暗い方の色域で、明度が下がるに従って、前回(黄色)と今回(緑)の差が大きくなっているのが分かります。

これによって、プリンタ側に、なんらかの変化が起きていることが予想されます。

その原因として、

1.プリンタ本体が劣化した。(ノズル関係とか?)
2.インクのロットによって、成分が安定していない。
3.ペーパーのロットによって、発色が安定しない。

などを推測しましたが、あくまで予想にしか過ぎません。

プリンタ本体が劣化しているとすれば、徐々に色域が狭くなるのではないかと思いますが、L=40以下では、1月に作成したもの(白)より、4月に作成したもの(黄色)のほうが、ガマットが大きいです。
4月のものと今回のを比較すると、L=15では、極端に差があるのが分かりますね。
ガマットの形もいびつになっていますし、明らかに再現域が狭くなっているのだと思います。

私の想像では、2.の原因が怪しいような気がします。
電塾のBBSでも、最近突然PM-4000PXの色域が狭くなったと報告された方がいるので、何か共通の原因があるような気がします。
そうすると、共通なのはインクです。
プリンタはそれぞれ違うわけですし、私の知り合いと、電塾に投稿された方では、用紙が違います。
ですので、怪しいのは、インクではないかな?と。

もし、ほかにもPM-4000PXをお使いで、最近色が合わなくなってきたとお感じの方がいらっしゃいましたら、お知らせ頂けないでしょうか?

また、原因がお分かりの方、ご教授頂けると幸甚であります。


(6月26日 追記)

依頼のあったカメラマンの方から連絡をいただきました。
再び、モニタとのマッチングが良くなったそうです。

相変わらず、原因は分かりませんが、これでプリンタのキャリブレーションは出来た事になります。
ガマットの形が変わっても、それはデバイスが変化したのを修正したためなので、多少の形の変化は問題ないと思います。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-06-25 19:00 | カラーマネジメント