カテゴリ:デジタル・フォト( 4 )

2014年 05月 22日
EOS Digital の高輝度側・階調優先とLightroom
f0075955_16301914.jpg
EOSの高輝度側・階調優先とは、オンにするとハイライトの白飛びが押さえられる機能です。

(ご参考:過去にアップした関連記事など。
 ・RAW + JPEG
 ・高輝度側・階調優先とオートライティングオプティマイザー


下の画像は高輝度側・階調優先はオフのまま撮影したJPEG。(これ以降の画像はすべて拡大可能です。)
f0075955_1814253.jpg
赤くなっているところは、ハイライトが飽和し白飛びを起こしているのを示しています。

それに対し、高輝度側・階調優先をオンにして撮影すると、
f0075955_1823575.jpg
ハイライトの飛びが抑えられているのが分かります。

ただ、RAWで撮っていれば、高輝度側・階調優先をオンにしないで同時記録したJPEGが白飛びを起こしていても、Lightroomで開くと飽和警告が出ない場合があります。(上のIMG_0003-3.jpgと同時記録したRAW。)
f0075955_15445131.jpg
最初に開いた状態で白飛びしていなければ、露光量、ハイライト、白レベルなどのスライダを調整することによって、ハイライトの階調をもっと描写することが出来ます。
一例として、ハイライトを-10、白レベルを-100にしてみました。
f0075955_1556563.jpg
(注:ハイライトスライダを下げると全体のトーンが軟調になりやすいので、あらためてトーンカーブでコントラストを調整するか、あるいは全体調整を用いずに、補正ブラシでハイライトスライダを下げてディテールを出したい部分を塗った方が良いです。明瞭度を上げて塗るのも、ディテールを出すのに効果があります。)

さて、では上の画像よりもう1段露出オーバーなRAWデータならどうか。
先ほどの画像では、ウサギの頭に当たっている光量は、撮影時の絞り値(f11)に対して2段1/3(f22+1/3)ほど明るかったです。(露出計で計測)
もう1段オーバーと言うことは、撮影値に対してハイライトは3段以上オーバーということになります。
なので、Lightroomで開いた状態でも、ハイライト警告が出ます。
しかしその出方が、高輝度側・階調優先をオフの場合と、オンにした場合では出方が違います。

高輝度側・階調優先オフで撮影したRAW。
f0075955_1692018.jpg

高輝度側・階調優先オンで撮影したRAW。
f0075955_16104129.png
これから察するに、RAWデータの場合でも、高輝度側・階調優先をオンにしたほうが、よりハイライトの階調を残せるようになることが分かります。

それぞれを、ハイライト-50、白レベル-100にしてみると、

高輝度側・階調優先オフ。
f0075955_16231736.jpg
ヒストグラムはレベル内に収まりますが、飽和している部分の輝度が下がるだけで、階調はありません。

高輝度側・階調優先オン。
f0075955_16244561.jpg
完全ではないものの、こちらは階調が少し復活します。

では、どれくらいオーバーになっても、ハイライトのディテールを取り戻すことが出来るのか?
これらは高輝度側・階調優先をオンにし、露光量(ストロボの発光量)を1/3ずつ変えて撮影したものです。
最下段の2枚は、開いた時からハイライト警告はほとんど出ませんが、上の8枚は警告が出ます。
白枠の画像を基準にすると、左上の画像は3段ほど明るくなっています。
f0075955_16525823.jpg

それらの画像に対し、Lightroomのパラメーターを変更してみます。(違いが分かりにくい場合は、拡大して見てください。)

白レベル-100。
f0075955_1654955.jpg

ハイライト-100。
f0075955_16545951.jpg

露光量-5.0。
f0075955_16553094.jpg


ハイライトスライダを-100に下げて、ディテールが回復するのは基準露出からプラス1段1/3の画像まででした。(中段左から二番目)
f0075955_17111192.jpg
これ以上オーバーになると、ディテールはもう回復しませんでした。
ハイライトスライダや露光量スライダを下げると、ハイライトがマゼンタかぶりしてくるのは高輝度側・階調優先と関係がありそうです。
高輝度側・階調優先をオフにした画像で、露光量-5にしてもハイライトにかぶりは出ませんでした。
f0075955_17241534.jpg
(2段オーバーの画像です。)

ちなみにIMG_0006.CR2をCapture Oneで開いて、ハイライトを100(リカバリ量100という意味です)にすると、こんな感じ。
f0075955_1728514.jpg
こちらも少しマゼンタかぶりが出るので、やはり高輝度側・階調優先を設定したためかと思われます。


さて結論として、高輝度側・階調優先の効果はRAWデータでも有効だと思われます。
でも良いことばかりではなくて、シャドウの方が少し階調が悪くなります。
今回のテストはISO200で撮っているので、シャドウを派手に上げない限り差は目立ちませんが、高感度になるにつれ、高輝度側・階調優先をしない画像よりシャドウノイズが目立ってくると思います。
過去にも何度かテストして、シャドウの描写が悪くなることは実感してました。
ですが、カメラ自体も高感度特性が良くなり、高感度ノイズも少なくなってきたので、最近のカメラなら高輝度側・階調優先をオンにして高感度で使っても、以前ほどノイズが目立たないかも知れません。
これに関しては、後日確かめたいと思います。

以前から高輝度側・階調優先はRAWで撮影する時にも有効だろうと思っていましたが、ちゃんと調べたことはありませんでした。
EOS70Dで撮影していて、どうもハイライトが飛びやすいなと思ったので、Digital Photography Reviewで70Dのダイナミックレンジの評価はどうだろうと調べてみたところ、HTP(Highlight Tone Priority=高輝度側・階調優先)をオンにすると、かなりハイライトのレンジが伸びるのを知りました。(上記リンク先の最後の方に、HTPはどういう動作をしているのかという解説があります。日本語で「高輝度側・階調優先」を検索しても、なかなか技術解説したところがヒットしないので、参考になると思います。)

評価機種を他のEOS機種にカスタマイズし、キャプチャして高輝度側・階調優先のオンオフによるレンジ幅を比較してみました。
f0075955_192454.jpg
これで見ると、5D3に比べて70DはHTPオンオフにかかわらず、1/3段くらいハイライト側が狭いようです。
(注:このレンジ測定は、JPEGで行われていると思います。)
それでもオンにすることによって、ハイライトのディテールはもう少し出るようになるだろうと思いました。
でも、この図が示すように、シャドウの方は若干レンジが狭くなります。
RAW現像時にシャドウを明るくすると、オフの画像よりノイズが目立つようになります。

今回は簡易テストなので、実際の撮影でハイライト、シャドウがどれくらい違ってくるかは、また改めて調べてみたいと思います。
今までも高輝度側・階調優先をオンにして撮影していることは何度もあるので、画像を探せば良いのですが、Lightroomのフィルターには高輝度側・階調優先の有無という項目はありませんし、DPPで画像情報を見ても高輝度側・階調優先の項目はありません。
(オートライティングオプティマイザーのように、RAWデータならあとから変更が可能なパラメータではないからだと思います。)
なので検索しようにもどの画像がオンになっていたかは、後からでは分からず・・・・。


今回はこの辺で。
[PR]

by yukinyaa03 | 2014-05-22 19:37 | デジタル・フォト
2007年 04月 23日
DPP vs Raw Image Task
DPP 3.0 Raw Image Task (ImageBrowserから起動)の階調の違いを、スタンダードとニュートラルのピクチャースタイルごとに比較してみました。

画像中、RITというのは、Raw Image Taskの略です。

画像は、それぞれのアプリケーションからPhotoshopに転送し、それを画面上(L997)で100%サイズで並べてからキャプチャ、PhotoshopでsRGBに変換して開き、文字を加えて、web用に保存しました。

カメラはEOS 5D 、レンズは24-105/f4L IS です。
現像設定は、どちらのソフトもデフォルト、色空間はsRGBです。

クリックで拡大(1600X1179 pix)します。
だぶん、階調の違いは、拡大画面じゃないと分からないと思います。
スタンダードとニュートラルを比較したい場合は、コンテクストメニューを出して、それぞれの画像を別ウインドウで開いてください。

厳密に言いますと、掲載画像はsRGBから私のモニタの色空間(キャリブレーションしたプロファイルによる色空間)に変換され、それをキャプチャしているので、sRGBで表示される色調、階調とは異なっていると思います。
ですが、階調の分離の違いはお分かり頂けるのではないかと・・・・。
ただ、ご覧頂くモニタの性能にもよると思います・・・・。

f0075955_1322228.jpg
f0075955_13225332.jpg

いちばん階調が分離しているのは、 Raw Image Task の Neutral ですね。

このテストをしようと思って撮影したわけではないので、カメラでJPEGは撮っていませんでした。
カメラで生成されるJPEGは、DPPとRaw Image Task、どちらに近いと思いますか?

DPPが出た頃は、EOS Viewer Utility(Raw Image Taskの前身)のほうと同じで、DPPとは少し差がありました。
現在でもDPPとRaw Image Taskは違いがあるようなので、Raw Image Taskと同じ階調のJPEGが作られていると良いのですが。

もし、Raw Image Taskと同じ階調だとすると、RAW+JPEGで撮った場合、カメラで生成されたJPEGと、DPPで現像したJPEGは、階調が同じにならないことになります。
例えば、RAW+JPEGで撮っておいて、調整を加えたい画像だけRAWから現像するというワークフローを考えた場合、DPPで現像すると、カメラで撮ったJPEGと微妙に色が合わないことになりそうです。

また後日テストしてみようとは思いますが、キヤノンは、DPPをプロ用現像ソフトとしていますので、このあたり、ちょっと疑問に思ってしまいます。
[PR]

by yukinyaa03 | 2007-04-23 13:40 | デジタル・フォト
2006年 10月 25日
アプリケーションによるRAW現像結果の違い
先日、仕事の掲載紙を見て、驚きました。
9月20日に撮ったのに、桜が咲いている!
f0075955_19564590.jpg

(^_^;)
桜じゃありません。

掲載紙を見た時、これは製版の時のリサイズに問題があるのだろうと思いました。

ですが、今日、曇り空に枝のディテールが飛んでいる別の画像で、同じような現象が出ているのを発見!
そして調べてみたら、納品したデータが、そういう状態だったことに初めて気がつきました。
大量にフリンジが発生しているのです。

カメラは、EOS5D、レンズは16-35/2.8L(絞りf5.6)です。
そして、Camera Rawで現像しました。

空がハイライト警告で真っ赤になるくらい飛んでいたので、露光量を下げ、明るさを上げて調整しました。
トーンカーブでもハイライトを抑えています。
その分、全体のコントラストは上げました。
現像時にはリサイズしていません。

その結果がこれです。
100%表示してトリミングしました。
f0075955_2092730.jpg
どっひゃ〜、ですね。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

それでも、Bridgeのサムネールや、Camera Rawウインドウでの100%未満の倍率表示では、こんなにくっきりフリンジが出てこないんです。
100%にすると、いきなりこのような状態に。
通常は、ウインドウに合わせたサイズで見ているので、こんなになっているとは気がつきませんでした。
現像したJPEGのほうでは、サムネールにすでにフリンジが見られます。
でも、サムネールだから、中途半端な倍率のため起きたのだろうと、100%で確認してませんでした。

原因は、シャープネス設定のようです。
Camera Rawは、デフォルトで25%のシャープがかかるようになっています。
私は、ずっとそのままにしていました。
シャープネスを落とすと、フリンジが和らぎます。
ということは、Camera Rawは、現像時にけっこう輪郭強調してるんですね。
今回はそれに加えて、初期設定とはパラメータを変えていることも、強調された原因のようです。
ちなみにここまでフリンジがひどいと、Camera Rawのフリンジ除去では追いつきません。
フリンジ除去するにも、シャープネスを0%にしたほうが良さそうです。

Camera Raw初期設定(出荷時の初期設定よりカスタマイズしてますが)だと、こんな感じです。
f0075955_2025435.jpg
これもシャープネスは25%かかっていますが、ほかのパラメーターは、彩度+10、トーンカーブコントラスト(中)以外は動かしていません。
それでも、色のにじみが出ていますね。


そこで、キヤノン純正ソフトだったらどうかと思い、試してみることにしました。

まずは、DPP。
ピクチャースタイルは、スタンダード、シャープネス設定は3、その他無調整のデフォルトの状態です。
f0075955_2028289.jpg
シャープネスの掛かり方にだいぶ差があるのが分かります。
やはりフリンジは出ていますが、輪郭強調が少ないので、Camera Rawほど強調されていません。
DPPの環境設定のノイズ緩和設定は、「強」になっています。
(このノイズ緩和設定は、フリンジには効かないという話です。)


さて、たぶん、ほとんどの人は使わないとは思いますが、Raw Image Taskでも現像してみました。
Raw Image Taskは、ImageBrowserから起動させて使います。
以前のEOS Viewer Utilityの流れを汲む現像ソフトだと思います。
ここでも、ピクチャースタイルスタンダード、シャープネス3、その他無調整で現像しました。
f0075955_20361761.jpg
おおお!
意外や意外。
これが一番フリンジが少ないです。

う〜む・・・・。

Camera Rawが汎用ソフトのために、現像結果がベストではないのは仕方ないですが、DPPよりRaw Image Taskのほうが良かったとは・・・・。
Raw Image Task、私の環境のせいかも知れませんが、パフォーマンスが悪いんです。
展開に時間がかかります。
IntelMacだったら、速いだろうか?
対応してるだろうか?


Camera Rawのシャープネス、もう少し下げた状態を初期設定にし直そうかと思います。
今、Camera Raw初期設定では、「すべての画像」にシャープが適用されるようになっていますが、「プレビュー画像のみ」にしたほうがいいのかも知れません。
ちなみに、展開画像にシャープネスが掛からない設定で、一番上の画像をJPEGに書き出したら、こうなりました。
f0075955_20534548.jpg
偽色は見えますが、少なくともシャープがかかったものよりはまともです。

納品データにはシャープネスをかけず、印刷工程で使用サイズに合わせたシャープネスを掛けるのが、基本とされてますが、今回はそのことを実感しました。
やはり、納品データには、シャープネスかけないほうが良さそうですね。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-10-25 21:06 | デジタル・フォト
2006年 08月 13日
色調の追い込みとパノラマ合成
写真展で発表した作品の解説です。
f0075955_1151668.jpg

8月12日に写真帳にアップしたのと同じ画像です。
(実画像は、横1200ピクセルなので、表示が遅いかも知れません。)

これは、キヤノンのTS-E24mmというシフトレンズを使い、左右11mmシフトした画像と、シフトしていない画像を重ねて合成して作ってあります。
撮影は、EOS5Dを使い、RAWで撮っています。

下は、シフトしていない中央の画像です。
f0075955_12152291.jpg

ご覧頂いてお分かりかと思いますが、DPPで現像する際に、大幅な色調補正を行い、夕焼けのイメージを作っています。

何もいじらないと、下のような状態です。
JPEGで記録していれば、このように仕上がります。
f0075955_12155845.jpg

これでも、いちおう、夕景狙いだったんですけどね。(^_^;)
お疑いの方は、Exif見て下さい。
ホワイトバランスは、太陽光でした。

現像パラメータの比較です。
f0075955_12185444.jpg
f0075955_12191293.jpg

ホワイトバランスを「くもり」にして、全体に赤みを加え、ピクチャースタイルの「風景」でコントラストを強くし、色の濃さを「4」にして、全体の色調を強調しています。
また、自動トーンカーブ調整も使っています。
これを使うと、中間調が持ち上がることが多いので、そのため明るさ調整を-1.33行いました。
RGB画像調整でも、色の濃さを上げていますね。


ま、とんでもない「にせ夕焼け」だったということで・・・・(笑
でも、荒涼とした感じのイメージは伝わったかな?と思います。


では、パノラマ作成の手順を解説します。
f0075955_12532356.jpg
f0075955_1254106.jpg
f0075955_12542958.jpg

素材は、この3枚です。

シフトレンズを使用しているため、カメラをパンニングしてパノラマ撮影した時に比べ、画像のゆがみはほとんどありません。
そのため、Photomerge(Photoshopのプラグイン)やPhotoStitch(Canon)などのパノラマ合成ソフトで自動合成しても、ほとんどつなぎ目の分からない合成が出来ます。

でも、今回私は、1枚ずつレイヤーで重ねていきました。
その理由は、ファイルを16bitのまま扱いたかった(Photomergeは合成時に8bitに変換されてしまいます)のと、空のつなぎはぼかしを掛けないとうまくいかないためです。

まず、左にシフトした画像を開き、右側のカンバスを広げておきます。
f0075955_1371274.jpg

次に、右にシフトした画像を重ねます。
f0075955_1314263.jpg

その上に、真ん中の画像を重ねます。
f0075955_13201011.jpg

重ねる作業は、上になるレイヤーの不透明度を下げ、大まかにドラッグした後、拡大して、カーソルキーを使って1ピクセルずつ移動させて合わせます。

元画像は、横にシフトしてるだけなので、天地のズレはないだろうと思ったのですが、実は、左右で数ピクセルの天地のズレがあったりします。
左の画像が少し上にあがり、右の画像が、少し下がっています。
レンズは水平位置でクリックで止まるようになっているのですが、びみょ〜に水平が出てないということですね。
マウント側の問題かも知れません。
(作例は、完成したレイヤー画像から作り直してるので、ズレによる余白がありませんが、実際には合成後、余白をトリミングしています。)

f0075955_13374131.jpgご覧のように、このままではまだつなぎ目がはっきり分かるので、真ん中の画像にレイヤーマスクを加え、ブラシの不透明度を調整して塗りつぶしています。

真ん中の画像だけを表示させるとこんな感じです。
f0075955_13533973.jpg

何で、真ん中の空もマスクされてるんだろ・・・・???(^_^;)
これ、手違いですね。
今気がつきました。
どうりでなんだか、空がムラっぽくなってると思った。(笑

で、これらを合成すると、冒頭の画像になります。


さて、今回は、キヤノンギャラリーで「EOS Digital Works 2006」というタイトルの写真展だったため、現像にはDPPを使って、それ以外はなるべくいじらないようにしようと思いました。
普段なら、Photoshopを使って、ローカルエリアをマスクしながら調整しますが、今回はほとんどやっていません。

ですが、TSーE24mmのシフト幅を最大に使っているため、左右のビネッティングがかなり目立ちました。
レンズ性能をそのまま見せるということで放置しても良かったのですが、キヤノンさんのイメージを悪くしてもいけないので、ビネットで暗くなってる部分は修正しました。
冒頭の画像と、作成過程の画像を比較して頂けると、分かると思います。
実際には、画像の角が、これくらい暗くなります。


それと、倍率色収差によると思われる、エッジのフリンジもひどかったので修正しました。
もとは、こんな感じです。
f0075955_14175629.jpg

それを、Photoshopのフィルタメニューから「ノイズを低減」を使い、カラーノイズを低減の割合を高めて(確か100%だったような・・・?)実行しました。
f0075955_14232177.jpg

そうすると、かなりエッジの赤い線は押さえられたのですが、全体的な色調も、赤みが減ってしまったので、色相彩度で赤の彩度を上げました。
でも、なんだかちょっと、諧調にメリハリがなくなってしまいましたね。
やはり、もう少し細かく、ローカルエリアの調整をすべきところです。
[PR]

by yukinyaa03 | 2006-08-13 14:10 | デジタル・フォト