2007年 04月 04日
Lightroom TIPS 03 データベースをアーカイブする場所
私は、Lightroomを仕事で使うに当たって、ライブラリを仕事ごとに新規作成することにしました。
そして、そのライブラリフォルダの中に、実データや、展開したデータを収納すれば、DVDにコピーして保存するのに、一元管理できて便利であろうと思いました。

今日、実際に、以下のフォルダをDVDにバックアップしました。
f0075955_0223186.jpg

そして、DVDが焼き上がったので、マウントしてデータベースファイルを読み込めるか試してみました。

しかし、DVDの中の、Lightroom Database.lrdbを選択するところまでは出来るのですが、右下の「選択」ボタンが、アクティブになりません。
そして、
f0075955_0243789.jpg


なるほど・・・・・・

「変更を保存できないボリューム」、つまり書き込み、書き換えが出来ないメディアには、データベースファイルはバックアップしちゃいけないということですね。

目論見が間違っていました。
実データはDVDなどにアーカイブ出来るでしょうが、データベースファイルは、HDに置いておかなくてはいけないようです。
もしDVDに焼くなら、使うに当たって、HDにコピーする必要があります。
しかし、そこで変更点が生じれば、それはそのままHDに保存しなくてはいけないことになり、DVDにデータベースをバックアップした意味がなくなります。


私は、ライブラリを新規に作れる機能を使って、仕事ごとに分けようと思っていたのですが、ライブラリをDVDに書き出せない(わけではないけど、使えなくなる)なら、あまり意味がないように思えてきました。
分けるにしても、仕事とプライベート、という大きな分け方だけで良いかも知れません。

仕事データの方は、納品用に展開してしまえば、実データすらいらなくなるので、捨てないにしろ、設定はXMPファイルに残しておけば、十分とも思います。
その意味では、データベースを再利用する確率も低いので、いずれはいらないデータベースは消去しても良いのかなと思いました。
[PR]

by yukinyaa03 | 2007-04-04 04:45 | Lightroom


<< Lightroom TIPS ...      Lightroom TIPS ... >>