2012年 09月 30日
Lightroom 4 の現像調整
前回の画像を使って、画像コントラストを調整してみます。

元画像。(LUMIX G3 14-42mm@14mm 1/500 f8.0 ISO160)
b0229648_16194216.jpg

b0229648_17224517.jpg露出はオートだったと思いますが、空の部分が多いせいか、少しアンダーに見えます。
b0229648_16292860.jpg
b0229648_17232531.jpgそこで露光量を+0.6上げました。

露光量を上げた分、空の調子が飛んでしまったので、ハイライトを-100にしました。

また自然な彩度を+50にして、空と芝生の色が濃くなるようにしました。
b0229648_16364075.jpg
b0229648_17234955.jpgどの調整スライダを使うかはケースバイケースで、私は画面を見ながらテキトーにやっているのですが、シャドウスライダを上げて暗部補正をすることがよくあります。

+100まで上げることはめったにないですが、+100にしてみました。
(ただしシャドウスライダを上げすぎると、ノイズが浮いてきますので、画像を1:1表示にしてシャドウを確認した方が良いです。)

その分全体に明るくなったので露光量を+0.2に減らし、ハイライトを落としてシャドウを上げたことによって全体コントラストが低下したので、コントラストを+40に上げました。

またLightroomの場合、コントラストを上げると彩度も上がるので、その分自然な彩度を前の調整より下げて+25にしました。
b0229648_173412.jpg
b0229648_17241572.jpg調整にはトーンカーブを使うこともあります。

トーンカーブのライトをぐぐっと上げて見ました。

相対的にシャドウが暗く見えるので、基本補正のシャドウをまた+100に、全体的に明るくなったので露光量は-0.4、ハイライトを-80にしました。
またトーンカーブのハイライトも下げて、雲の調子が飛びすぎないようにしました。

トーンカーブで明るくしながら、露光量でマイナスにするのは何か無駄な作業のようにも思えますが、ま、テキトーですので。
(^_^;)
ただ、組み合わせによってトーンは微妙に異なってきます。
b0229648_17491526.jpg
b0229648_17493123.jpgこのあたりの調整になると、見直してみて何でこんな設定にしたんだっけ?(^_^;)とイミフな点もあるのですが、白レベル-100、黒レベル+100という組み合わせを試してみたんだと思います。
こんな組み合わせはいつもはしません。w

前回の記事を見ると、白レベル-100も黒レベル+100も全体的なコントラストが低下するので、それをトーンカーブで補っています。

トーンカーブのライトを+45にしたせいで全体が明るくなった分、露光量は-0.5に下げました。

基本補正のハイライトは0のままですね。

私はポジフィルムではフジを使っていたのですが、空が実際よりも青く鮮やかになるのが気に入っていました。
空を青くしたいと思って自然な彩度をぐっと上げて見ました。
その分桜の色も鮮やかになりました。

ですが、下の芝生の色も彩度が上がりすぎてしまったので、芝生の部分には段階フィルターをかけて、彩度を-28に落としてあります。

このあたりになってくると、行き当たりばったりの気分的な処理です。w
b0229648_18195229.jpg
b0229648_18212886.jpgこのあたりになると、もう、ネタとしてやってみました、というところなのですが・・・(^_^;)

ハイライト-100、シャドウ+100、白レベル-100、黒レベル+100という、白飛びも黒つぶれもしない設定ですが、コントラストは非常に低下します。

なので、コントラストを+80にしてみました。
これでもまだ中間調がちょっと眠い感じですね。

これを見て分かる通り、彩度スライダは何も上げていませんが、全体的に彩度が上がっています。
b0229648_1838825.jpg
b0229648_18412423.jpgさて、ちょっとマジメに処理したものを・・・(^_^;)

シャドウスライダとトーンカーブで全体調整しています。

そのほかに、補正ブラシを使って部分調整をしています。
b0229648_18454383.jpg
まず空の部分。
露光量を下げて全体的に明るさを下げたのですが、雲の白さがくすんでしまうのでハイライトやコントラストを上げてメリハリが出るようにしています。
b0229648_18485437.jpg
次に桜の部分。
ここは色かぶり補正をマゼンタにシフトさせて、桜をピンクにしています。
彩度スライダで彩度を上げるのでも良いかも知れません。
b0229648_18505847.jpg
基本補正で自然な彩度を+30にしているので、芝生の緑も濃くなっているのですが、手前のこどもの黄色いシャツが飽和気味になるのが気になったので、彩度を少し落としてみました。
全体調整で追い込みきれない部分は、補正ブラシをよく使います。

b0229648_18591815.jpg
b0229648_18592835.jpgさて、「おらひトーン」と言えば「なんでも100」なのですが、Lightroom4になって処理バージョンが2012に変わってから、スライダをマックスに上げてもLightroom3の時ほどデーハーにならなくなりました。

なんでも100は、一見階調破綻を起こしている(いや実際起こしている部分もありますが。(^_^;))ようでありながら、単なるベタつぶれのトーンにはならないように調整しています。
なので、すべてのスライダーが100になっているわけではありません。

この画像では自然な彩度は100ですが、飽和しすぎるのを抑えるために彩度は-55に下げてみました。

トーンカーブの形はテキトーいーかげんなのですが、行き過ぎを相殺するために露光量やコントラストを調整しています。

また通常「なんでも100」では明瞭度を+100に上げますが、今回は逆に-50にしてややソフトにしてみました。

ま、そのあたりは行き当たりばったりな、気分的な処理です。w


でわ、最後に・・・
b0229648_1922249.jpg
b0229648_1919817.jpg処理バージョンを2010にして、「なんでも100」を実行しました。w

処理バージョン2010では、白飛び軽減や補助光効果を上げすぎると、エッジの部分がおかしくなってきます。

また明瞭度の効き方も、2012と2010では変わっています。
明瞭度に関しては、2012のほうが強く効くようになり、またシャドウも持ち上がるようです。



ということで、基本補正のスライダ調整とトーンカーブ調整による全体的な調整、補正ブラシや段階フィルターによる部分調整によって、かなりいろいろなトーンに作り込んでいけるわけですが、使いこなせるようになるには、各調整項目がどう作用するのかを知っておく必要があります。

それらの動きが分かるようになると、イメージを直感的に追い込んでいけるようになると思います。
Lightroomは直感的に操作しやすいソフトなので、使い始めるとやはりこれでなきゃという気持ちになりますよね。w
[PR]

by yukinyaa03 | 2012-09-30 19:46 | Lightroom


<< Lightroom 4 の現像...      Lightroom 4 の基本補正 >>